野外で嫌な虫刺され‼有効な予防法とは?

これからの時期、レジャーの楽しい季節に
なりますが、気になるのは虫刺されの危険
ですよね?
野外にいる虫は様々な種類がいて、いつ刺さ
れてしまってもおかしくありません。
そんな時の為に予防法や対策はしっかりと
有効な手段を覚えておきましょう。

◆虫刺されの予防法とは

野外に出ると人に害を加える虫は沢山います。
では、どうしたら虫刺されを予防できるので
しょうか?
その注意点は大きく分けて3つあります。

1.服装で予防
一番大事なのは出来るだけ露出を避ける事です。
長袖長ズボンを着用する、帽子を被る、靴下等
を着用するだけでも随分と変わってきます。

2.ハーブで予防
虫の嫌う匂いというのがあります。
例えば、シトラス、ラベンダー、ローズマリー
レモングラス等が代表的な虫よけの効果がある
ハーブと言われています。

虫よけスプレー等に比べると効力は落ちますが
これらを使いたくない方や肌に合わない方、
虫よけスプレー等を使えない小さなお子さん等
には有効だと思いますので、是非、試してみて
下さい。

3.虫よけアイテムで予防
昔は肌に直接吹き付けるスプレータイプが
主流でしたが、今は腕に身に付けるリングや
服に張るシールタイプ等、様々な種類の虫よけ
があります。

ただし、全員を守ろうと思ったら、やはり全身
に塗布できるスプレータイプの物が一番です。

<スポンサーリンク>
<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– Simplicityのレンタングル300×250 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-1105304479139612″
data-ad-slot=”9379008882″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

◆最近恐ろしい虫刺されの被害

虫刺されと一言で言っても野外には様々な虫が
いて、人に危害を加える虫も多く存在します。
代表的な虫としては蚊、マダニ、スズメバチ、
毛虫、ブヨ等が挙げられます。
虫刺されによってスズメバチ等はアナフィラ
キシーショックを起こす危険があるんですね。

また夏になると一度は刺される蚊も媒体になっ
ている感染症も多く、夏になると話題になる
デング熱ヒトスジシマカという種類の蚊が媒体
なんですね。
また家の中にいそうなダニですが、草むら等にも
催促しているマダニという種類が存在しています。
マダニは2013年には40人がマダニに噛まれて、
その内の13人が死亡したという報告もあります。

◆野外での効果的な対策

では、虫に刺されてしまったらどのように
対処すれば良いのでしょうか?
先ずは患部をキレイに流水で洗い流しましょう。
この時、ハチや毛虫のように毒針が長い虫の
場合、毒針が残ってしまっている場合があり
ますので、セロハンテープ等を刺された皮膚
に軽く貼って丁寧に剥して毒針を抜いてしま
いましょう。
次に氷等をつかって患部を冷やしましょう。

ただし、症状が酷い場合や悪化する時はすぐに
病院に行って診察して貰う事をお勧めします。
特に子供は掻き壊してしまい、ドンドン酷く
なるケースが多く見られるので皮膚科等に受診
する事をお勧めします。

<スポンサーリンク>
<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– Simplicityのレンタングル300×250 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-1105304479139612″
data-ad-slot=”9379008882″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

◆まとめ

虫に刺されない為には露出の少ない服装で出か
けましょう。
最近はただの虫刺されと思っていると重篤化
する事したり、最悪の場合命の危険もあります
ので、適切な対策を覚えておきましょう。
野外で無視に刺されてしまったら患部をキレイ
に洗って冷やし、悪化する場合はすぐにし受診
する事をお勧めします。