熱中症の初期症状とは?なったらどんな対処が必要か!

レジャーにイベントに、楽しみが多い夏になりましたが、気をつけなければならないのが熱中症!重症になると命の危険もあります。今回はその初期症状にスポットを当ててみます。初期のうちに対処が出来れば重症化を防げますね。では初期症状とはどんな症状なのか、なりやすい環境とはどんな環境か、そして熱中症になってしまった時一体どうすれば良いかなどを解説します!

熱中症を疑う三つの症状は?

熱中症になるとどのような症状が出るのでしょうか?大きな初期症状として3つを挙げてみると

・ めまい
・ 頭痛
・ 吐き気

です。最初に「なんだかふらふらする」「めまいがする」感覚に襲われ、対処をしないと頭痛や吐き気が起きるという場合が多いようです。めまいやふらつきが起きたら熱中症の初期症状かもしれないので要注意です更に頭痛がしたり吐き気がしていたらもっと早急に対処が必要となってきます。

<スポンサーリンク>



自分の今いる環境をチェック!

熱中症かもしれない、熱中症になるかもしれないと思ったら、自分がどのような環境にいるのかチェックしてください。

・ 気温はどの程度か
・ 湿度はどの程度か
・ 作業・運動量は無理をしていないか
・ 服装は環境に対して適しているか

気温が高い場所に帽子などかぶらず長時間居るともちろん危ないですし、湿度が高くて汗をかいているのに水分補給をしていないのも危険です。スポーツなどで身体を動かすのは良いですが、適度な休憩を取らないと危ないですし、ちょっと庭で草むしりと思って日よけ対策をせずに長時間作業をするのもいけませんよね。

自分は今熱中症になりやすい環境になっていないか、常にチェックしながら過ごすことは熱中症予防にとても大切となっています。

<スポンサーリンク>



熱中症の対処法

では、気をつけていても熱中症になってしまった場合はどのような対処をすれば良いのでしょうか?

1. 涼しい場所に移動する
クーラーの効いた部屋や車内に入って休みましょう。そういった場所が無い場合は木陰など日の当たらない場所に移動し安静にしましょう。うちわなどで顔や身体をあおぎましょう。

2. 服を脱ぎ、身体を冷やす
上着を脱ぎ、ボタンを外したりベルトをゆるめ、靴下を脱ぐなどして体を楽にしましょう。そして身体を冷やすアイスノンなどがあれば首筋やわきなどにはさみ身体を冷やしましょう。アイスノンが無ければ濡らしたタオルやハンカチでも良いでしょう。

3. 水分と塩分を補給する
身体をすみやかに回復させるためには、水分だけでなく塩分が必要です。汗と一緒に必要な塩分も体の外に出て行ってしまっているからです。一番良いのはスポーツドリンクですが、無い場合はとりあえず水分を十分に補給しておきましょう。夏場は塩飴などをバッグに入れておくと良いですね。

以上のことに気をつけて、夏のレジャーやイベントを快適に楽しめると良いですね。