メルカリで売れない原因、対処法とは?

不用品をメルカリに出品したものの、売れない時って多いですよね。売れない理由は様々ですが、改善すれば売れる可能性は大きいのです。「いいね!」があれば期待は出来ますし、もしかしたら写真や商品説明がわかりにくいのかもしれませんね。今回は売れない出品物を売れるようにするコツを教えます。

いいね!がありますか?

売れない出品物の写真の左下を見てください。“いいね!”がありますか?“いいね!”とは、その出品物に興味がありますよ。というお知らせです。購入者側は“いいね!”をつけると、 “いいね!”をつけたリストがありそこに表示さます。リストを眺めて値下げが行われないか見守っている場合もあるのです。“いいね!”が数個ついていれば「少しの改善で売れる可能性がありますよ。」というお知らせでもあるのです。

<スポンサーリンク>



あれば二日後以内で値下げ実施を

“いいね!”があった場合は2日以内の迅速な値下げをお勧めします。興味があるのに購入しない理由のTOP1は希望に見合った価格ではないということです。「あともう少し安ければなぁ・・・」「可愛いけど高いなぁ・・・」などの理由でとりあえず“いいね!”をつけて動向を見守っている場合が多いのです。購入者側は様々な出品物を見ていますから、“いいね!”をつける度に新しい商品がいいねリストに更新されて行きます。リストの上位にいる間の、早めに値下げをすることで、興味のある購入者に気づいてもらいやすくなり、また興味が失われないうちに購入意欲を誘うことが出来るのです。

他出品者の販売写真、商品説明、検索キーワードなど参考に見直しを

“いいね!”もついておらず、購入される気配の無い商品もありますよね。または、“いいね!”がついていて値下げをしたのに売れない場合は、似たような出品物を検索してリサーチすると良いでしょう。自分の出品物と比べてみてください。商品名が間違っていたり、ブランド物なのに記載されていなかったりと、まさかのケアレスミスをしているかもしれませんし、商品のサイズ、素材、状態が細かく記載されていないかもしれません。また、写真の撮り方が悪い場合も多いです。暗くて見え辛い写真や、1方向からの写真ではどんな商品なのか分からない場合が多く、興味を持たれていなかったり購入意欲があまり沸かないこともあります。細かい部分や素材のアップの写真なども購入意欲をそそるためには必要なのです。

<スポンサーリンク>



まとめ

いかがでしたか?私もメルカリで購入されず苦労したことはたくさんあります。でも、上記のように様々な工夫をしたり、時期をズラして再出品することで購入されやすくなりました。大切なことは“焦らないこと”です。ある程度の値下げをしたら、写真を撮りなおしてみたり、商品説明を細かく記載したり、じっくり購入する人の気持ちになり出品物を見直してみてくださいね。