介護による廃用症候群の予防とその対策とは?

高齢者の介護をする上で非常に大事なポイント
は廃用症候群の予防と対策です。
廃用症候群になって良い事は1つもありません。
介護を受ける方に心豊かな老後を送って頂く
為に大事なポイントを抑えておきましょう。

長期介護で忍び寄る廃用症候群とは?

廃用症候群とは、安静状態が続く事で心身の
機能が低下してしまった状態の事です。
例えば2週間安静を強いられた高齢者の場合、
下肢の筋肉が2割位萎縮してしまうと言われ
ています。
また筋肉だけではなく、あまり動かさなかった
関節も固まってしまいますし、心機能の低下や
誤嚥性肺炎の原因になる他、うつ状態や見当識
障害等、身体と心の両面に影響が出てしまい
ます。
<スポンサーリンク>



廃用症候群の前兆と予防について

廃用症候群の前兆は筋肉の減少と骨量の減少の
2つが挙げられます。
筋肉が減少してくるのは以下のような症状で
分かります。
・歩く速度が遅くなった。

・ちょっとした段差に躓いたり、
階段の昇り降りが前より辛い等、
足の筋力の衰えが顕著。

・足の筋肉、特に下腿三頭筋が細い。

・BMI値が低い。

また骨量が減少すると骨粗しょう症になって
しまいます。

しかも、これらを放置すると廃用症候群を招い
てしまうのでしっかり予防する事が大事になり
ます。

ポイントなのは出来る事は自分でやってもらい
過剰な介護をしない事です。

介護を受ける方が1つの動作ができるまで
待っているのは、介護をしている方にとったら
じれったいかもしれませんが、

何でもこちらで
やってしまったら動く機会を奪ってしまい、
廃用症候群になる可能性を上げてしまいます。

また、杖で歩けるのに歩くのが大変だろう
と車椅子で移動させる等、動きを制限させ
てしまう行為も廃用症候群を発症する
大きな原因になってしまうので
介護している方は十分注意しましょう。

廃用症候群になった場合の対処とは?

先程も書きましたが、過剰な介護はせず、身の
回りの動作はできるだけ自分でやってもらいま
しょう。

また家事や趣味等、その人が好きな事を日常に
取り入れる事をお勧めします。
何故なら私達も好きな事だと夢中になって身体
を動かしますよね?

高齢者も同じです。
そうする事で自分から動く機会が増えて廃用
症候群が無理なく改善できます。
勿論、リハビリや歩く機会を作るのも大事です。

外に出て気分転換すれば太陽の光を浴びます
のでうつ状態等にも効果が期待できます。
また、介護を受ける側のやる気を引き出すのも
大事なポイントです。

まとめ

廃用症候群とは安静状態が長く続いてしまった
事で心身の機能が低下してしまう状態です。
廃用症候群の前兆は筋肉の減少と骨量の減少
です。

廃用症候群になってしまった時の対処として
大事なのは介護を受ける方が好きな事を取り
入れ、やる気を引き出して自分で動く機会を
多く作る事です

介護をする側としても、廃用症候群を予防して
豊かな老後を送って欲しいですね。