母子家庭 貧困で本当に辛い時に開く記事!

母子家庭で貧困で辛いというお母さんが最近多いようです。子供がいるから思うように働けないし、親も高齢で頼れないなどの理由が主だそうです。どのように貧困を少しでも楽に出来るのか、子供のために何を優先したら良いのかの対策を一緒に考えてみましょう。

◆衣食住の現状チェックをしみよう!

生活をする上で最低限必要な“衣・食・住”ですが、この3つの中でもっと節約できるところは無いかチェックしてみましょう。生活ランクを少しだけ落とすだけで以外に多くの余裕が生まれますよ。それぞれ例を挙げてみます。

①“衣“は、新品ではなくリサイクルショップや激安衣料の店で揃えてみてはいかがでしょうか?気軽に始められるメルカリなどのフリマアプリもいいですね。でもくれぐれも買いすぎには注意です。サイズアウトした子供服なども綺麗なものは売ってしまいましょう。
②“食”は、外食はやめましょう!たまの記念日などは良いのですが、普段外食になると家で作るより何倍もお金がかかってしまいます。多少質素な食事でも、家族の笑顔と共に食べる食事のほうが美味しくて節約になりますよ。
③“住”は、家族構成を見てもっと安いところに引っ越せないか考えてみましょう。子供がいるとあれやこれやでスペースが必要と思いがちですが、子供が大きくなるまでは子供部屋は必要ありませんし、それまでの間だけなら居間と寝る場所が確保されれば十分と言えます。

<スポンサーリンク>



◆最優先は子どもの食事と健康管理!

上で、外食は止めて食事を質素にと書きましたが、栄養を怠って良いという意味ではありません。安価な食材にも栄養は豊富に含まれています。鳥胸肉、豆腐、納豆、もやし、季節の魚や野菜などは比較的安価でスーパーで買うことが出来ます。飽きが来ないか?と思いますが、鶏肉はミンチにしてハンバーグの日やチキンカツの日、冬はお鍋とバリエーションは多くあります。季節の野菜には栄養も多くあります。子供は成長期です、安価で栄養豊富な食事をたくさん食べさせてあげてください。

状況的に急ぐ場合はこちらの記事を参照してください。→参照記事へ移動

◆最寄りの自治体窓口に相談してみましょう

それでもどうしても貧困から抜け出せない!親や親戚にも頼れない!という時は自治体の窓口に相談しましょう。審査は必要ですが、生活保護を一時的に受給してもらえるかもしれません。ただし、生活保護は年々審査が厳しくなっていますし、あくまで一時的な生活の支援と考えてくださいね。

◆まとめ

母子家庭の貧困は辛いですよね。心細くなってしまう時もあると思います。でも、生活を一度見直してみると生活ランクを落としても大丈夫だったりするし、外食をやめることで返って子供も自分も健康になれるかもしれません。ここに書いたことはすでに出来ていたり、やってみてもどうしても辛い時は自治体の窓口で一時的にでも生活保護の相談をしてもいいかもしれませんね。