認知症の予防メニュー!オイルサーディンの効果とは?

コンビニやスーパーで手軽に買えるオイルサーディン缶。安い!おいしい!栄養たっぷりメニューも豊富!という最近注目と集めている優良食材ですが、そもそも「オイルサーディンとは何か?」、「認知症の予防にどうして効果があるのか?」ご紹介したいと思います。

オイルサーディンとは?

「オイルサーディン」とは、塩水に漬けたイワシをオイルで煮込んで、缶詰にしたものです。イワシは知っての通り、ビタミンB群やコエンザイムQ10、DHAやEPAが多く含まれている栄養価の高い魚です。美肌効果や健康維持に貢献してくれる食材ですが、酸化しやすく、新鮮なうちに食べなければいけないという特徴があります。

しかし、そんな酸化しやすいイワシを缶詰にすることで栄養をキープでき、長期保存が可能であるので、忙しい現代人にとって上手に使うことが出来れば、とても頼りになるお助け食材なのです。

認知症効果の高い理由

イワシに含まれるEPAやDHAには、

①動脈硬化

②脳梗塞予防

③心筋梗塞予防

④高血圧予防

⑤がん予防

⑥骨粗鬆症予防

⑦認知症予防

など血流や動脈硬化などの改善予防に役立つと言われており、血流関係や骨の病気予防にも大きく貢献してくれます。

特にDHAは脳内の記憶や学習部分に大きく関わりがあるため、DAHを多く含むイワシには記憶力や学習機能を向上させ、認知症予防効果が期待できるとされます。

困らない多彩に使えるこれだけのメニュー

オイルサーディンは、少しアレンジを加えるだけで和洋中のメインにできたり、もう一品足したい時に使えたり、おつまみの材料にできたりととても便利です。

パスタに使ったり、バーニャカウダソースにアレンジするというメニューもあります。

そんなオイルサーディンを使ったおすすめメニューをいくつかご紹介します。

①オイルサーディン丼

作り方は簡単。

アボガドとトマトと一緒にオイルサーディンを全て軽く火にかけて、できあがったものを丼の上に乗っけるだけというものです。簡単ですし、少し焦がした感がとてもおいしい一品になります。

②オイルサーディンのトマトチーズ焼き

スライスしたトマトとチーズをオイルサーディンにのせて、あらびきこしょうを振り、オーブンで焼き目が軽く着いたらできあがり!こちらもとても簡単でおつまみになります。

まとめ

ひと缶で何通りも楽しめる「イワシ」のオイルサーディンは、そのまま食べてももちろん美味しいですし、アレンジの幅がかなりあってとても便利です。

美容と健康、認知症予防と三つの期待が高まっている「オイルサーディン」。

是非、一度試してはいかがでしょうか?