水素水ってどんな効果があるの?下痢になるのは何故か

健康に良い水素水は、ダイエットにも効果があると言われている反面、下痢になるという声も耳にするようになりました。身体に良い物なのに何でお腹の調子が悪くなるんだろう、何故下痢をするんだろうと思うのは当然だと思います。今回は水素水を飲むと何で下痢をするのかを紹介していきます。

◆水素水を飲んで下痢になったけど大丈夫?

水素水を飲むと、その刺激で腸の蠕動運動(収縮運動)が活発になり、今まで身体に溜め込んでいた老廃物を身体の外に出そうとします。

それにより便だけではなく、発汗や排尿も増えます。

つまり、水素水を飲むと新陳代謝が高まり、腸に溜まっている余計な物を排出する為、お腹が緩くなったり、下痢を起こすのです。

この効果は今まで偏った食事や暴飲暴食等、腸内環境に悪影響な生活を送ってきた人程、効果を実感する事になります。

また、飲み始めは水素水の効果が強く出ますので、短期間で沢山の老廃物を排出する事になるんです。

何より水素には悪玉菌である活性酸素を除去する働きがあるので腸内のバランスにも大きく影響しています。

だから水素水を飲むと下痢を引き起こしてしまうのです。

<スポンサーリンク>



◆水素水を飲む量と回数で調整できるの?

健康の為に推奨されている水素水の量は1日1ℓ以上といわれていますが、健康な人なら200mℓ程度の水素水でも十分効果があるとされています。

また水素水を500㎖、残りを普通の水で補っても効果があります。

なので、下痢が酷い場合は量を半分程度に減らし、身体が慣れてきたら水素水の飲む量を増やすようにしましょう。

次に飲む回数ですが、水素水は活性酸素が増える前に飲むのが効果的だといわれています。

活性酸素が増える時とは以下の通りです。

・運動している時
・ストレスを感じている時
・紫外線を浴びている時
・喫煙や飲酒中
・空気の悪い所にいる時
・睡眠不足の時

つまり運動の前やタバコを吸う前、飲み会の前等に飲むと身体に良いのです。

しかし下痢が続いている場合は、この度に飲んでいると日常生活や仕事に差し障るので、これから活動する朝、お風呂に入る前等に水素水を飲みましょう。

前述のように水素水は1日200㎖でも効果は期待できますので、無理に量を飲む必要はありません。

◆どれくらいで身体が慣れてくるのか?

下痢は一時的なものの場合が殆どで、早い人だと3日、遅い人でも大体1週間程度で身体が慣れ、お腹が落ち着いてきます。

下痢が落ち着けば水素水の量を増やしても問題ありません。

◆まとめ

水素水を飲むと下痢になる原因は、水素水の効果で腸の動きが活発になり、身体の中に溜まっている老廃物を排出し、腸の中をキレイにしている為なので心配ありません。

飲み続ける事によって身体が慣れるのなら、あまりに酷い下痢じゃないのなら、身体に良いこと尽くめなので水素水はお勧めです。