はちみつの賞味期限切れって栄養効果はどうなのだろうか?

美味しくて栄養価も高く、疲労回復効果があり健康にも美容にも良いとされるはちみつ。でも、手軽に買えていつも使っているけど賞味期限ってどのくらいか知っていますか?なんとはちみつには賞味期限は無いんです。適切な保存方法を取れば大昔のはちみつでも食べられるというデータもあります。すごいですね!理由ははちみつの成分に関係があるそうですが、その成分や気になる期限切れのはちみつについて解説します!

◆はちみつの賞味期限は・・・

市販のはちみつには必ず賞味期限が付いています。しかし厳密に言えばはちみつ自体は腐ることはありません。はちみつの成分にグルコン酸があり、殺菌消毒効果があるからです。ただ、色や風味等を考えると3年以内に食べることを生産者は勧めています。これは適切な保存方法を守っての話なので、パンくずや他の食べ物がはちみつの瓶などに入ってしまうと、そこから醗酵することがあるので注意が必要です。蓋はしっかりと閉めて清潔なスプーンで使用してくださいね。

<スポンサーリンク>



◆はちみつにある栄養は期限切れの時どうなの?

腐ることは無いけど賞味期限が設定されているのは、日本の法律で「食品にはすべて賞味期限を設定すること」となっているからです。ですので、期限切れのはちみつでも栄養成分に大きな変化はありません。しかし蜂蜜生産者は日本の高温多湿な夏を2回越えると色が濃くなり風味が落ちると言っています。腐るわけではないけど賞味期限が2~3年に設定されているのはこの理由からです。

◆期限切れで固まってるけどハチミツの持っている効果効能は落ちないの?

特に冬場、はちみつを使おうと取り出すと白くなり固まっていることがありますね。スプーンでざくざく掘って使ったり、はちみつが固まってしまうと使わないという人もいます。こうして固まってしまったとしても、はちみつの成分には問題はありません。はちみつを固めて結晶化させているのは、ハチミツの主成分であるブドウ糖とはちみつに含まれる花粉です。ブドウ糖成分が多いほど結晶化しやすくなります。色の濃いハチミツは結晶化しやすいです。サラサラのはちみつに戻すには湯せんをしてください。数分湯せんをすると徐々にサラサラに戻ります。ただし、ぐつぐつと茹でてはダメです。はちみつの酵素やビタミンの成分が壊れてしまいます。

◆まとめ

はちみつが固まっていたり色が変わっていたらびっくりして捨ててしまう人もいたのではないでしょうか?はちみつは清潔な環境で保存すればいつまでも腐ることはなく食べても大丈夫だそうですが、中には純度の低いはちみつもあるそうなので、やはり賞味期限中に食べ切ってしまいたいですね。もし賞味期限を過ぎてしまったら、お肉などの煮込み料理に使うと料理にコクが出て美味しくなりますし、身体のパックに使ったり、はちみつ風呂としてお湯に溶かしたりすると肌がつるつるになりいいですよ。