四逆散という漢方薬で便秘解消の効果とは

先日テレビで放送された便秘解消に効果があったとされる四逆散という漢方薬について
まとめてみました。

◆四逆散とは

四逆散(しぎゃくさん)とは

①柴胡(さいこ)・・炎症を抑える
②枳実(きじつ)・・気分を落ち着かせる
③芍薬(しゃくやく)・・痛みを和らげる
④甘草(かんぞう)・・緩和作用
から成り立つ漢方薬で、この4種が一緒に働くことで効果をもたらします。

わき腹が圧迫して苦しい状態が継続している
四肢が冷えるなどの症状を確認します。

四逆散の四逆とは
「四肢の逆冷」という意からきています。

普通は炎症が起こったりする場合

身体は熱を帯びる事が多いですが、
なんらかの炎症が起こっている身体が

冷えていたりする場合には、
四逆散を用いた方が効果的といわれています。

<スポンサーリンク>



◆便秘になぜ効果があるのか

四逆散は、

・胆のう炎、胆石症
・胃炎、胃酸過多、胃潰瘍
・気管支炎
・神経症、不眠症、ヒステリー
・自律神経失調症からくる症状

などの症状に有効です。
自律神経失調症などからくる副交感神経の作用で胃腸の働きが悪くなった場合、便秘症になります

ストレスは身体症状や精神症状と密接に関わっており、「ストレスに使用する漢方薬」としても四逆散が知られています。

このような特徴により、体で起こっている炎症や痛みを取り除き、神経症やヒステリー、自律神経失調症などの身体・精神症状へ幅広く働きかける薬が四逆散なのです。

また、精神状態が優れない場合に有効で、うつ症状に四逆散を服用することもあるようです。

◆副作用などはあるのか

副作用としては、
「著しく体力の衰えている人」
に対しては慎重に判断する必要があります。
これらの人に投与すると、
症状の悪化を招く恐れがあるようです。

◆どこで入手できるのか

一般には薬局、薬剤店でも購入できますが
四逆散を服用する前にご自身の症状に
効果が見込めるという医師の診断を
受けてから服用をおすすめいたします。

◆まとめ

最後まで読んで頂きどうも有難うございました。

便秘に関する記事を執筆するきっかけは
高校生の娘が便秘で非常に悩んでいたからでした。

今はだいぶ良くなりましたので参考になった
方法を今後も記事にして作成していく所存です。

他にもHP内に便秘に関連する記事を
掲載しています。

他の記事も参考にして頂けたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。