米新紙幣 ハリエット・タブマン 1世紀ぶり?初めての女性はだれ?

2016年4月20日20ドル新紙幣にハリエット・タブマンを採用する事を発表!!
女性が紙幣登場は1世紀ぶりとの報道があるが初めての
女性はだれなのか?

ハリエット・タブマン

◆初めにハリエット・タブマンはなにをした人?

1820(or1821)年メリーランド州で、黒人奴隷である両親から生まれ
1850年から1860年の間に約19回の南部との往復を繰り返し、
約300人の奴隷達の逃亡を手助けし、解放へ導いたとされる。
その間ハリエット・タブマンは一度も捕えられず、
「車掌」として成功をおさめた。

北軍のスパイも務め南北戦争は終結、その後も黒人と女性の権利獲得を目指し
活動を活動を行った。晩年はニューヨーク州で余生を過ごした
<享年1913年3月10(93歳)>

他の研究によれば、南北戦争中はコックおよび看護婦として働くとともに、
実際に助けたのは13回の往復で70-80人ほどであるという説もある。
引用:Wikipedia

いずれにしても南北戦争の厳しい状況の中、ハリエット・タブマンはその行動力で
自らの危険をも顧みず黒人奴隷とされている多くの人達を救っていった行為は
称賛に価するものである

◆初代女性紙幣はだれ?何をした人?

では初代女性紙幣はだれなのだろうか?
初代大統領夫人のマーサ・ワシントンである
1896年まで1ドルの銀兌換(だかん)券で採用されたようである。

ハリエット・タブマンと比較してワシントン夫人は何かの偉業を成し遂げた
わけでもないので今回の20ドル紙幣に採用されることは
個人的にかなり評価している。

◆日本の紙幣で初女性採用はだれ?

では日本の紙幣に初めて使われた女性肖像はだれがいるのだろうか?

神功皇后
(じんぐうこうごう) 170?-269?
皇族
新羅を征討。 改造紙幣一円券等
(明治十四年二月発行)

樋口一葉
(ひぐちいちよう) 1872-1896 小説家・歌人
『たけくらべ』等を執筆。 日本銀行五千円券
(平成十六年十一月発行)
引用:Wikipedia

調べてみると日本では神功皇后が初めての採用となり
二人しか採用されていない状況である。

しかも日本の紙幣に採用された女性はなにかの偉業を遂げた
わけでもない。

日本でも偉業や功績を上げた人物をもう少し吟味して採用
するべきだと思うのだが間違っているだろうか?

◆まとめ

今回の内容は如何でしたでしょうか?
国の紙幣に採用される人物は国民の様々な意見があって
難しいかもしれない。

でも世界に誇れる偉業や功績を遺した人物(武人は除く)
なら日本にもまだ沢山いると思います。

今回のアメリカ紙幣の採用を鑑みて今後は
そういう人達を国の象徴となる紙幣に積極的に活用して
いって欲しいと願ってやみません。