ドローンの意味(語源)ってなに?なぜかこの名称は煩雑化している!

ドローンの意味(語源)って何だろう?
最近いろんな機械がドローンと名称され分からなくなってきたので整理してみた!!

drone1

◆ドローン本来の意味

ドローンとはdrone(雄バチ)を意味する本来は非常に高度な自律性機能を持つ小型無人飛行機のことで
・UAV(Unmanned Aerial Vehicle)⇒無人空中車両
・UAS(Unmanned Aircraft Systems)⇒無人の航空機システム
・RPAS(Remotely Piloted Aircraft Systems)⇒遠隔操縦航空機システム
と称されるこれらを本来を「ドローン」として称されるはずだった
最近は乏しいAI技術が搭載されたものまで同じ呼び名になってきているのだ。
例えばホビー用ラジコンヘリコプターでクアッドコプター(四つの回転翼搭載型ヘリ)という商品もドローンと呼ばれ、それに乗じて室内用ホビーのミニュチュア回転翼機もそう呼ばれてきている。
もっとひどいのは単に遠隔操作するもの、無人自動車や無人船舶までその総称として
ドローンと呼ばれるようになってきている。

◆ドローンという名前はどこまで拡大していくのだろうか?

日本政府によるドローンの定義づけは(法律整備状況)

1.法改正により対象となる無人航空機
2.飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船である
3.遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの
(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)
4.ドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当

*国土交通省HP:無人航空機の飛行ルールより抜粋

となっていて無人自動車 無人船舶はドローンとしての規制は今のところないようだ。
産業分野が発達段階でしっかりとこの名前の定義を確立していかないと
法的規制はあとからついてくるのでAI搭載型自動掃除機(ルンバ)なんかも
将来的にドローンと称されてしまう可能性がないようにしてほしいものである

◆ドローンとして呼ばれるもの

あくまで個人的な意見としては以下の三つの機能を兼ね備えたものを
ドローンと呼びたい!!
1.高度な自律型飛行が出来るもの
2.GPS機能、周辺状況感知、認識判断
3.ニーズにあった機能が搭載されている(情報収集・運搬・作業(ロボットハンド付等)

ドローンの機種は将来的にはもっと発達変化していくと思うが最低限
陸(車両)、海(船、潜水艇)、宇宙(無人宇宙船)は分けた呼び名を設定したら
どうだろうか?

◆まとめ

・ドローンとは本来、drone(雄バチ)を意味するものである
・流行に乗った呼び名だからといってなんでも”ドローン”とつけないで欲しい
・上記3点の機能があるものをできればドローンと呼びたい